校正・校閲・DTPの共同制作社

search

03-5216-7451

phonelink_ring

 
共同制作社TOP > 業務内容 > 校正・校閲

校正・校閲

校正

1964年の設立以来、多くの実績をもち、現在約300名のプロフェッショナルが各現場で活躍しています。短期・少量の仕事はもちろんのこと、長期の大型プロジェクトまで、多数の人材が品質とスピードでお客様のニーズにお応えします。

校正

1.大型・長期、少量・短期

数千ページにおよぶ百科事典・辞書、職員録、数万件のデータ集など、大型・長期のプロジェクトには多数の人材で応えます。さらに、金融・生保などの申込書や約款、表裏1枚のチラシ、商品パッケージ、DMなど、少量短期の商業印刷物にも、迅速・的確に対応します。

2.定期刊行物(雑誌・広報誌・PR誌)

週刊誌や月刊誌をはじめリーフレットやニュースレターなど、最新情報と専門知識が欠かせない定期物に精通したプロ校正が対応。コアメンバーを中心に自在なチーム編成も可能です。

3.書籍(一般・専門・実用)

医学・健康や歴史・経済などの専門・実用書から、小説、学参書など多種多様な分野に精通したスペシャリストが校正と校閲に対応。原稿整理やレイアウト指定のチェックなど編集作業もサポートします。

4.広告(カタログ・チラシ)

商品カタログや製品カタログをはじめ、流通チラシや各種パンフレットなど広告特有の煩雑な表記ルールも素早く把握し、的確にチェックします。

5.デジタルコンテンツ

Webサイト・電子書籍・アプリなどの校正も対応可能。膨大な件数のデータベースや各種デジタルコンテンツの校正は、お客様のニーズに合わせて多数の実績があります。付随して発生するデータ修正にも対応しています。

6.校正セミナー

自社商品やサービスのチラシ・フライヤー・DMを制作する方や、社内広報・社内外プレゼンなどを担当する方など、社員スキルアップ研修としてセミナーを開催。得意先様からのご要望として、業務に必要な校正技術を品質管理という視点から新人教育や社員のスキルアップのために、多数ご依頼をいただいております。

外国語

1.校正・校閲/翻訳

英和辞典、ディスクロージャーなど専門分野の対訳・ネイティブチェックや翻訳をはじめ、カタログ・パンフレットなどの校正・校閲も数多く手がけています。

2.対応言語

英語/韓国語/中国語/仏語/スペイン語など

主要分野

事典・辞典、辞書、目録、社史、年史、年鑑、人事録、一般書、実用書、文芸書、専門書、教養書、ムック本、学習参考書、総合雑誌、文芸雑誌、専門雑誌、実用雑誌、 就職情報誌、PR誌、女性誌、生活情報誌、各種カタログ、取扱説明書、製品マニュアル、製品情報概要、広告制作物、SP関連、チラシ、イベントプログラム、各種CD-ROM、ホームページ、パンフレット、官公庁関連資料、データベース、デジタルコンテンツ、製品パッケージ、会社案内、大学案内、専門学校案内、社内報、学校広報誌、決算報告書(IR)、社会環境報告書(CSR)

校正って何?

各媒体や各分野によってさまざまな「校正」の方法があります。ここでは弊社で行っている代表的な作業内容についてまとめてみました。ご発注する際のご参考にしてください。

校正って何?

Q1. 「校正」とはどんなことをするの?

基本的には、原稿とゲラ(組版カンプなど)を「引き合わせ(比べ読み)」して、誤りや疑問を指摘します。このほか、ゲラのみで校正する「素読み」、表記の不統一を正す「用字用語の統一」も含まれます。

Q2. 「素読み」とはどんな作業をするの?

誤字・脱字の指摘や疑問出しが中心です。また通常は用字用語の統一、レイアウト体裁・ノンブル・柱・写真・図表の整合なども含まれます。

Q3. 「疑問出し」とはどんなことをするの?

明らかな誤りではないが、正しくもない箇所を疑問として提示します。また校正紙上でより良い用字用語や表現方法を提案することもあります。通常、誤りは赤字で疑問は黒鉛筆で記入します。

Q4. 「校閲」は「校正」と違うの?

「校閲」とは主に原稿の誤りを指摘して正すことです。また文章中の事実関係を確認し、必要に応じて加筆・修正などを行います。例えば史実関係(年号、曜日、固有名詞、事件など)の確認、企業・著名人のプロフィルの確認などです。「校正」は原稿を忠実に反映させますので、その点が大きな違いです。

Q5. 「原稿整理」は何をするの?

入稿前の原稿の内容全般を吟味します。誤字・脱字の指摘はもちろん、用字用語の統一表の作成、検算、さらに、指定紙(レイアウト体裁・ノンブル・柱・写真・図表など)の作成なども含まれます。

Q6 .「初校」と「再校」はどう違うの?

初校は入稿原稿との「引き合わせ」と「素読み」ですが、再校は「初校の赤字の照合」と「素読み」が基本です。赤字が数種類ある場合は、その分作業量・時間が増えることになります。

Q7. 「校正」は誰でもできる?

向き不向きもありますので、誰でもできるわけではありません。校正の技術は経験と努力で体得できますが、センスも重要な要素です。

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話からのお問い合わせはこちら

03-5216-7451

受付時間 平日10:00~18:00

お電話からのお問い合わせはこちら

03-5216-7451

受付時間 平日10:00~18:00

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ